金融庁のホームページによると、最高裁の判決において、過払い金返還請求を目的とした場合にも、取引履歴の開示義務を認めているそうです。
貸金業者の方も、裁判での戦略があるそうです。
もちろん裁判ですんなりと認めるぐらいなら、最初から和解に応じていると思います。
貸金業者の裁判での戦略もいろいろあるそうです。この戦略に負けて、貸金業者から提案された和解案をそのまま受け入れてしまうのはよくないそうです。
貸金業者の手口としては、移送の主張、消滅時効の主張、みなし弁済の成立、推定計算への反論、だそうです。
こうした主張は裁判所ではほぼ通らないそうです。
だからといって徒手空拳で裁判に臨むということはあってはならないそうです。