司法書士に任意整理を依頼する

任意整理を依頼する時は、弁護士や司法書士に依頼する事になります。弁護士は、個別で債権額が140万円を超える際に、消費者金融会社との交渉や訴訟や法律相談が行え、司法書士は個別で債権額が140万円未満の案件に対して、法律相談や訴訟や交渉が行えるように法的に定められています。その為、任意整理を考えている人は、個別の過払い金や借金といった債権額が140万円を超えていなければ、費用が安く済む司法書士に代理手続きや交渉を頼んだ方が良い時もあります。


司法書士に任意整理を依頼する際に注意するべき事は、新しい事務所よりも専門で行っている事務所に依頼した方がノウハウを持っている分、安心して依頼出来るという点です。また、費用に関しても明確に示されている事も確認しておきます。事務所の中には、着手金の他に成功報酬を請求する所もあるので、複数の消費者金融会社を相手に任意整理を行うのであれば、場合によってはその分費用がかかってきます。多くの事務所では、まとめて一度に交渉や手続きを行ってもらう事でコストを抑える事も出来ます。


司法書士事務所は、全国にたくさん存在しており、主な業務は会社や不動産などの登記です。一方で、任意整理などの手続きの代理業務や交渉や訴訟などを行ってくれるので、弁護士を雇う案件で無い場合の選択肢として有効です。任意整理を行う際には、弁護士だけでなく、司法書士という選択肢もあるので、実績を見て利用する事務所を探してみるのも良いでしょう。

トップへ