司法書士に自己破産を依頼する

クレジットカードの支払いや住宅ローンなどの返済をしていく中で貯金も含めてお金がないときには、自己破産を検討しなければいけないときがあります。ただ、自己破産は勝手にできるものではなく裁判所に申し立てをする必要があり、そのためにやるべき手続きが多いです。なので知識がない素人だとスムーズに手続きができない可能性があります。そこで力になってくれる専門家として、司法書士がいます。

司法書士に自己破産を依頼すれば、まず債権者に受任通知を送って督促・請求を止めることができます。そして取引履歴の開示を請求して、債権者がそれに応じれば借金の額の計算をします。その計算の中で過払い金がないかを確認して、あった場合には過払い金返還請求をすることになります。戻ってきた過払い金は他の借金の返済にあてたり、手続きに必要な費用として充当します。そして預貯金等など資産を把握した後は、どれを残せるのかを確認していきます。それが終わったら司法書士は申立書を作成します。

そこからのことは、依頼者がやる必要があります。というのも司法書士にできるのは書類の作成を代行することなので、裁判所に代理人として書類を提出できません。それは弁護士であれば代理人となることができますが、司法書士は140万円を超える案件だと代理人になれる権限を持っていないことが理由です。もちろん、できる範囲でのサポートは継続するので心配はないです。このように司法書士に自己破産を依頼するときには、十数万円から二十数万円くらいの報酬が必要です。

トップへ