司法書士に個人再生を依頼する

司法書士は主に法務を担当する専門家です。この法務に置いて個人再生を依頼する場合、これまでに重ねてきた債務の詳しいデータが必要となります。債務データとして必要なものは、各金融機関から受けてきた借金の明細、誓約書・返済をした際の明細といものです。これらをすべて用意できるのが望ましいのですが、中には借金をおこなったのが数十年前という方もいるでしょう。または家族の債務を引き継いでいる場合は、誓約書を手に入れるのが難しいです。その際は司法書士に依頼して調査を受けるのも好ましい方法です。

一般的な司法書士事務所では、依頼人の個人再生の調査から実際の事務手続き・金融機関との話し合いまですべてお任せすることが可能です。調査に必要な費用は業務内容と各事務所で異なりますが、2000万円以下の個人再生で約20万円の着手金となります。この他、裁判所に提出する書類の作成からデータ調査に別途費用が必要で、トータルで約50万円を目安にするといいでしょう。

仕事を依頼する場合、詳しいヒアリングをなされるため、必ず面談をおこなう時間を持たれます。ご自身で依頼をする各事務所に赴くほか、外出が困難な場合は司法書士に自宅に来てもらうという方法も選べます。多くの司法書士が相談は無料でなされているので、気軽の声を掛けられることでしょう。個人再生は債務を限りなく減らせるだけでなく、新たな人生の出発にもなるので利用する価値はあります。

トップへ